会社案内

 


1999年からソフトウェアモーションコントローラ


概 要

プライムモーションは、名古屋工業大学、東京工業大学大学院を修了し、三協精機製作所(現日本電産サンキョー)、多摩川精機にて、サーボ関連の豊富な開発経験を蓄積した代表取締役により創業されました。
創業後ただちに、少ない資本金ながらも、ソフトウェアによる産業用高性能マシンコントローラ開発に着手し、 そのコンセプト、試作品により、長野県より創造法認定、長野県や財団法人新技術開発財団より助成金交付を受け、製品化を実現しました。
プライムモーションのマシンコントローラは、コンピュータの超高速演算能力を最大限に駆使して、低価格ながらも高性能、高付加価値マシンコントロールソリューションを市場に提供しています。液晶製造検査装置、半導体製造検査装置、超高精度レンズ製造装置、ナノレベルデバイス製造装置に組み込まれ、世界中で24時間稼動しております。

商  号 株式会社 プライムモーション
Prime Motion Inc.
資本金 900万円
設 立 1999年3月3日
業務内容 電子制御機器、電子計測機器の開発、販売
代表取締役 片桐 崇(かたぎりたかし) 『モーションおやじ』
本社住所 〒399−4117 長野県駒ヶ根市赤穂1134−12
TEL 0265-82-2990
FAX 0265-82-2292
諏訪オフィス 〒391−0012 長野県茅野市金沢1400−5
TEL : 0266-82-7082
E-mail info2_at_primemotion.com
_at_を@に置き換えてください。


代表取締役 片桐 崇 『モーションおやじ』略歴


名古屋工業大学電子工学科卒業。
東京工業大学大学院修士課程電子物理工学専攻修了。

新卒で株式会社三協精機製作所(現日本電産サンキョー)に入社。高卒の先輩と2人で社内ベンチャーとして産業用ACサーボモータ事業を立ち上げる。
ACサーボに必要な要素技術、製品開発を14年間にわたって行い、売り上げ20億円/年、40名体制になる。
その間、
・磁気式エンコーダ用磁気抵抗素子
・磁気式インクリメンタルエンコーダ
・磁気式アブソリュートエンコータ
・低消費電流エンコーダ用カスタムIC
・A/B/Z/磁極センサ信号シリアル送信・受信カスタムIC
・サーボドライバカスタムIC
・ソフトサーボ
の開発担当、最後にロボット用多軸サーボドライバ開発リーダの責任を果たして同社を退社。

同社在職中に出願して登録された特許:(共同出願含む)
・回転センサ関係
日本特許 1978254, 2558287, 2669631, 2682630, 2793770, 2810617, 2892932, 3046469
日本実案 2562103, 2570519, 2072200, 2073014
米国 5,047,716 5,760,707

・モータ制御関係
日本特許 2557977, 2690410, 2693335, 2807581
米国 5,235,262 5,355,136 5,619,111

学会論文
“電流源で駆動されるMR素子を用いた低消費電流磁気エンコーダ”
1991年(平成3年)、電気学会論文誌D

国際会議発表
“An Integrated Single-Output Signal Encoder for both Multi-Turn Absolute Encoder Use and Incremental Encoder Use”、IEEE-IAS‘94(産業応用部会)

その後、多摩川精機株式会社に入社。ロボット用多軸サーボドライバの開発を行い、退社。

培ったモータ制御技術を世の中の多くの人に提供しようと「プライムモーション」を創業。
請負プロジェクトで、R/Dコンバータ開発、医療用/航空宇宙用/繊維機械用/自動車業界用モータ制御機器開発等、幅広い業界に貢献。

創業直後に、資金不足の中、Windowsパソコンベースのモーションコントローラ開発を決意。Windowsリアルタイムコントローラ「MOS Bench(モスベンチ)」、スタンドアローンコントローラ「InterMotion(インターモーション)」を製品化。現在に至る。

角度センサ、アクチュエータ、コントローラ、すべてにわたって深くかかわった経験をもとに競争力を高める機械制御システム革新のコンサルティングと製品提供を行っている。


代表取締役「モーションおやじ」ブログへリンク



沿 革
1999年 3月 設立。資本金300万円
1999年11月 VenturCom社(現IntervalZero社)RTX開発環境を購入
2000年 6月 増資 資本金700万円
2001年 2月 長野県より創造法認定
2001年 5月 増資 資本金900万円
2001年 6月 長野県より中小企業技術開発費補助金交付決定
2001年 7月 財)長野県中小企業振興公社より委託事業を受ける
2001年 8月 財)新技術開発財団より助成金交付
2001年11月 SCF(システムコントロールフェア)に出展

モーションコントローラ
「MOTIWARE」を展示、販売開始
2003年 6月 装置制御プログラム開発環境「MOS Bench(旧称MOSE)」開発、販売開始
2003年 8月 モーションコントローラ「PM8シリーズ」開発、販売開始
2004年 1月 モーションコントローラ「RT8シリーズ」開発、販売開始
2005年12月 装置制御プログラム開発環境「MOS Bench」用「リアルタイムインタプリタ」オプション開発、販売開始
2006年 7月 株式会社へ組織変更
2008年 1月 本社移転
2009年 9月 蔵前工業会(東京工業大学同窓会)推薦で「協創マッチングフォーラム」にて、「Windowsリアルタイム制御」のプレゼンテーション

会場:東京ステーションコンファレンス
2010年 7月 普及版WindowsリアルタイムIO制御環境「MOS Bench EY(モスベンチいいわい)」販売開始
2010年12月 スタンドアローンマシンコントーラ「InterMotion」一般販売開始
2010年12月 セミコンジャパン2010パナソニック社ブースに出展


マスコミ掲載


2010年12月7日 信濃毎日新聞
  

三菱電機製制御用小型コンピュータからパナソニックのモータ制御装置を動かすことができる制御用小型コンピュータとして、InterMotion(インターモーション)が紹介されました。



2010年6月23日 日刊工業新聞
  

Windowsパソコン1台で機械制御ができる低価格ソフトウェアとして、MOSBench EY(モスベンチ・いいわい)が紹介されました。



2010年6月5日 信濃毎日新聞
  

高性能な低価格機械制御用ソフトウェアとして、MOS Bench EY(モスベンチ・いいわい)が紹介されました。



2010年2月16日 信濃毎日新聞
  

産業用小型コンピュータとして、MOS Bench PC(モスベンチ ピーシー)が紹介されました。



2009年2月25日 信濃毎日新聞
  

産業機械制御用ソフトとして、MOS Bench(モスベンチ)が紹介されました。



2004年8月 インターフェイス
  

VBとの親和性が高く、機械制御を容易に実行できるPCベースのマルチプロセスコントローラの開発 (172ページから)



2001年9月11日 日刊工業新聞
  

長野県中小企業振興公社からベンチャー企業等商品化・事業化可能性調査事業を受託

2001年7月25日 日本工業新聞
  

新技術開発財団から助成金
テーマ: PCベースド汎用モーションコントローラーのコアシステム開発

2001年2月23日 信濃毎日新聞
  

長野県商工部から創造法認定
テーマ: PCベースド汎用モーションコントローラーのコアシステム開発

 

HOME  お問い合わせ 個人情報保護方針  サイトご利用にあたって